トリノとその周辺

魅力的でとても美しい街の発見

トリノは人々がまず頭に浮かぶFIAT社の所在地であると言うだけでなく、重要な博物館やモニュメントが多く存在します。一緒に見ていきましょう:

エジプト博物館: : カイロに続く世界第二のエジプト文明のコレクション数を誇ります。

ジョヴァンニ&マレッラ・アニェッリ絵画館 : 未来的。2002年にレンゾ・ピアノによって実現されたことを考えるだけで想像がつきます。そこはリンゴットの屋根に支えられる形で、市に街の実力者アニェッリ氏とその妻により寄付された25の作品が収蔵されています。カナレット、ティエーポロ、マチス、ルノワール、モディリアーニ、ピカソの作品やカノーヴァの彫刻があります。

Mao、東洋美術館:トリノの新しい文化の宝石。 日本からチベットまで、カンボジアやビルマに至るまでのアジアの全ての芸術を収蔵。

モーレ・アントネリアーナ: 街のシンボルであることは紛れもない事実、建設には多くの時間を要し、多くの障害がありました。塔は全長163, 35メートルで、世界で最も高い壁創り建築物です。現在塔の内部には国立映画博物館が置かれています。

ドゥオーモと聖骸布: 洗礼者聖ヨハネに奉献されたドゥオーモは同名の広場に聳えています。街で唯一のルネッサンス様式の教会です。内部では聖骸布を見ることが可能です。

バレンチノ城: ポー河のほとりの同名の公園の中に建っています。今日城はトリノ工学院の分校が置かれ、建築学部の所在地です。

王宮: 昔は最も重要なサヴィオイア王家の王宮であり、3世紀を超える期間ピエモンテ州の政治の本拠地でした。王宮は街の中心地にあり、そこから主要な道が出ています-ポー通り、ローマ通り、ガリバルディ通り、ピエートロ・ミッカ通り。

スペルガ聖堂 : 請願の達成のためにサヴィオイア家のヴィットリオ・アメデオ2世によって建てられました。聖堂には世界中から観光客や巡礼者が訪れます。教会のクーポラから素晴らしいパノラマが楽しめます。それに加え建築とサヴィオイア家のために行われたミサに用いられた聖堂を装飾品するための造形芸術の最高傑作と、その他の宗教に関係の無い観光スポットが鑑賞できます。

自動車博物館 : 自動車愛好家の集まるカルト的な場所、80社の歴史のある有名な自動車メーカの車を展示。例を挙げるなら:Bentley、 Alfa Romeo、Maserati、 Opel、 Iso Rivolta、 Citroen やその他多くがあります。

お勧めの場所

王宮: 800 m
国立映画博物館とモーレ・アントネリアーナ: 1 キロ
バレンチノ城: 1,5 キロ
カップッチーニの丘: 3 キロ
カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿: 10 キロ
ヴェナリア宮: 13 キロ
マンドリア自然公園: 15 キロ
スペルガ聖堂: 18 キロ

文化、芸術、歴史

ブリケラジオ宮殿: 250 m
エジプト博物館: 350 m
聖骸布教会: 1 キロ
GAM 近代美術館: 1.5 キロ
レージョ劇場: 800 m
アルフィエーリ劇場: 1 キロ
コロッセオ劇場: 2 キロ
パラ・イソザキ(トリノ・オリンピック関連施設): 3 キロ
老舗カフェ・バラッティ&ミラノ: 1 キロ

スポーツ活動

イル・パルド・スポーツセンター: 200 m
バレンチノ公園ジョギングコース: 800 m
スケート場: 1 キロ
オリンピック競技場: 3 キロ
ユヴェントス・スタジアム: 10 キロ
オリンピック・マルチサービス・スイミングプール: 3 キロ
大学スポーツセンター: 5 キロ
ロヴェリ・ゴルフクラブ(18ホール): 18 キロ

イベントと自由時間

9月音楽祭
チョコレートフェアー:Cioccolatò
ブックフェア―
映画フェスティバル: Torino Film Festival
アルティッシマ

ショッピング:
ラグランジェ通り、ローマ通り (80 m)、
ガリバルディ通り(1 km)、ポー通り (1 キロ)

ミーティング & 議会